加齢臭対策と予防【体臭改善!石鹸・サプリ・グッズランキング】 » 加齢臭の基本 » 加齢臭の年齢はいつから?

加齢臭の年齢はいつから?


加齢臭が発生するのに具体的な年齢があるのかどうか、知りたいと思っている人もいるのではないでしょうか。知っていれば、事前に対策ができそうですよね。
加齢臭が気になり出すのは、個人差があります。
だいたい40代後半くらいから気になりだすという男性が多いようです。これは皮脂量が関係していて、女性の場合は50代くらいから気になり出すようです。
加齢臭=中高年、というイメージを持っている人はとても多いでしょうが、なんと20代でも加齢臭を発生することはあるのだそうです。加齢臭の原因となる、過酸化脂肪酸や脂肪酸の分泌量というのは、体質によって異なります。20代でも大量にこれらの成分を分泌している人というのは、加齢臭がしてしまう可能性があるのです。また、食生活が乱れている20代も、若くして加齢臭を発生させてしまうかもしれません。
しかし、誰であろうとも、若いうちから少なからず加齢臭を発生してはいるのです。たた、中高年になったとき、急にその臭いが気になり出すとうだけで、若い人の場合はまだ酷くないので、まったく気にならないというだけです。
若いうちから食生活に気を付けていれば、それだけ加齢臭の発生を遅らせることもできるはずです。なるべく揚げ物など油が多く使われている物は食べないとか、外食が多い場合は控えるといったことが、とても重要なのです。また、若いうちから食生活を改善しておけてば、歳を取ったときも自然と健康的な食生活を送ることができるでしょうから、そうすることで加齢臭もあまり気にならなくなるかもしれませんね。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
メタ情報