加齢臭対策と予防【体臭改善!石鹸・サプリ・グッズランキング】 » 加齢臭の基本 » 加齢臭の原因は?

加齢臭の原因は?


加齢臭の原因をご存知でしょうか。加齢臭の元となるのは、ノネナールという物質です。
ノネナールは、脂肪酸と過酸化脂肪酸が結びつくことによって発生します。中年になってくると、人間は酸化に対して抑制力が低下してしまうのです。そのため自然と脂肪酸と過酸化脂肪酸という成分の分泌が増えてしまうのです。
結果としてノネナールも増えることになってしまうために、体が臭ってきてしまうというわけなのです。
若い人には酸化に対する抑制力がありますから、ノネナールはほとんど検出されることはないのです。なので、多くの人は自分の体がいつか加齢臭を発するなどということは、きっと夢にも思わないのではないでしょうか。
しかし、なにも酸化の抑制力が低下することだけが加齢臭の原因ではありません。生活習慣病も大いに関係しているのです。
仕事が忙しく運動不足になり、さらには普段からアルコールなどを良く摂取し、肉類が大好きといった人がいたとしましょう。このような人は、血液中にコレステロールが蓄積されてしまい、生活習慣病になりやすいです。生活習慣病に陥ると、これに伴って皮脂腺に脂肪分が増えてしまい、ノネナールの分泌量も増えることになるのです。また、人はストレスを感じることで、体内の活性酸素が増加してしまいます。そうなると過酸化脂肪酸が増加してしまい、加齢臭が酷くなるのです。
生活習慣病になりやすく、さらに仕事でストレスも溜まりやすい40代以降は、加齢臭が発生しやすくなってしまうものなのです。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
メタ情報