加齢臭対策と予防【体臭改善!石鹸・サプリ・グッズランキング】 » 加齢臭の基本 » 食べ物で加齢臭対策

食べ物で加齢臭対策


体の皮脂が酸化してしまうことで、加齢臭は発生します。つまり、皮脂が出やすい食べ物を食べていると、加齢臭は悪化してしまうことになります。
なので、食生活を改めることで、加齢臭の対策ができることになります。
体を清潔に保つことを心がけ、入浴時に皮脂が多く分泌される部位を洗ったりすることでも加齢臭対策にはなりますが、皮脂が出やすい食べ物を避けることも大事なのです。
皮脂が出やすい食べ物とは、動物性脂肪です。バターはもちろん、ラードなども動物性脂肪ですね。また、男性が好きそうな食べ物である焼肉や角煮、こってりしたラーメンなどにも動物性脂肪が多く含まれています。油脂が腸に吸収されると、体中に巡っていずれ皮脂から分泌され、加齢臭となってしまうのです。仕事が忙しいとついつい外食が多くなり、自分の好きなものばかり食べてしまうでしょうが、それをなるべくヘルシーなものに変えようにしましょう。
同じ油でも、植物性の油であるオリーブオイルには抗酸化ビタミンが含まれているので、加齢臭を防ぐことができます。しかも悪玉コレステロールを下げてくれるという効果もあるのです。ほかにも、ゴマや魚の油にも同じような効果があります。また、人参やほうれん草、カボチャといった緑黄色野菜も効果的です。緑黄色野菜には抗酸化ビタミンが含まれているのです。
ほかにも、みかんやレモン、ナッツなどにも抗酸化ビタミンが含まれています。
普段からお肉を中心とした食事をしているという人は、野菜を中心にした食事に切り替えてみると良いですね。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
メタ情報